ブログ

【六本木店】#北村DOMONT×高倉大輔『眼鏡catch up art??』2

6月20日のブログでご案内していましたが→コチラ

8月3日~13日まで白金のOFSギャラリーで開催される

 

『眼鏡catch up art??』

北村DOMONT(眼鏡職人)×高倉大輔(写真作家)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のブログでは眼鏡職人・北村拓也氏の想いお伝えしましたが

本日は写真家・高倉大輔氏をご紹介します。

 

 

 

 

高倉大輔

立教大学在学中から俳優として演劇を始めその後、グラフィックデザイナー、

写真作家として独自の世界観で作品を発表している。

 

代表作となった写真作品『monodramatic』シリーズの作品は

国内外で評価され2015年にルーブル美術館地下の

Carrousel du Louvreで開催されたフォトフェア「fotofever」では高倉氏作品が

メインビジュアルとしてポスター、カタログの表紙などに使われた。

 

また雑誌PEN(2016/9/1号 No,412)では

特集ページ『世界を揺るがし、もっと面白くする若手10組』にて紹介された。

 

《主な受賞歴》

・ヤングポートフォリオ

・PX3 2015(Professional)Portrature-SelfPotrait/1st Prize

などがある。

 

 

 

 

代表作品

『monodramatic』

『monodramatic』

 

一人芝居をモチーフとした作品シリーズ。

人の持つ多面性や可能性、人々の中に渦巻く

”多次元の自分”を物語と共に表現。

 

 

 

 

 

Loose polyhedron

Loose polyhedron

 

 

『monodramatic』に対になるシリーズとして

感情のバランスチャートを用いて

喜怒哀楽にフォーカスを寄せている。

 

 

 

 

 

 

今回の北村DOMONTとの作品について

 

・「monodramatic/The parallels on your eyes」

 

You have your multiple worids

眼鏡、という言葉はなぜ、目と鏡なのだろうと思った。鏡の前に立つと

そこには自分が写っている。左右が反転した、少し違う自分だ。

日本では古来から鏡は神事に使われ、別の世界と繋がるためのものであった。

眼鏡はつまり、別の世界を見るための装置であり、その装置を着けた人は

普段とは少し違うその人として見られることになる。眼鏡の数だけその人の

世界は増殖し得る。北村氏の眼鏡は、着用するその人にぴったりと合うように

作られる。それだけぴったりと、はっきりとその人の世界を拡張させる。

その世界を写真作品として表現できればと思います。 (高倉大輔)

 

 

 

 

 

開催期間中は高倉氏の作品展示のほか

北村DOMONTオーダーメイドフレームの相談受付も行います。

 

アートから捉えた眼鏡、という斬新なコンセプトのイベントをお楽しみに!

 

 

 

北村拓也:http://www.highflyers.nu/ocu/takuya_kitamura/

高倉大輔:http://www.casane.jp/

OFSギャラリー:http://ofs.tokyo/

 

 

*8/3~13はOFSギャラリーでの開催となります。

リュネット・ジュラのイベントではございませんのでお気を付けください。

 

*8/19(土)&20(日)にはリュネット・ジュラ六本木店でも

高倉氏の作品展示&北村氏によるオーダーフレーム相談会を行う予定です。

 

 

Share

六本木店の最新記事

イベントの最新記事

北村domontの最新記事

facebookやinstagramをフォローして頂ければ、より充実しためがねライフをお過ごしいただけるかもしれません☆
リュネット・ジュラのfacebookはこちらから
リュネット・ジュラのinstagramはこちらから