ブログ

【表参道ヒルズ店】#"theo opens eyes" theoとは???

 

theo好きが毎年楽しみにしているイベント、もうすぐです。

 

 

テオ最新コレクション受注会

 

 

 

 

今日はtheoというブランドについてご説明しようと思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

theo(テオ)は元々眼鏡商(オプティシャン)だったWim Somers(ウィム・ソーメルス)とPatrick Hoet(パトリック・フート)の二人が1987年に創設したベルギーのアントワープに拠点を置くアイウエアブランド。

 

80年代当時、ありきたりのデザインしかなかったアイウェアを、もっと個性的で洗練されたものにしたいと思い、それまでのアイウェアを売る立場から自ら作る立場へ転身しました。

 

Wim Somers     Patrick Hoet

 

ウィムがジェネラルディレクター、パトリックがデザインディレクターを務め、

1989年パリSilmo展示会にてtheoとして始めて作品を出品。

 

ちなみにブランドネームの「theo(テオ)」はパトリック・フートの「Hoet」を入れ替えたアナグラムであることはファンの間では有名な話です。

 

以後、さまざまなコレクションを発表し、アイウェアブランドとして人気を博していきます。

※公式サイトから一部参照

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

リュネット・ジュラのお客様の中でも特にファンが多いのがtheo。

それだけの魅力が詰まったブランドの最新作、楽しみしかないですね!

 

次回からはデザインの魅力をお伝えしていこうと思います。

ぜひお楽しみに~

 

 

 

*期間中ヒルズポイント5倍*

注)リュネット・ジュラ表参道ヒルズ店だけの限定キャンペーンです

Share

表参道ヒルズ店の最新記事

イベントの最新記事

THEOの最新記事

商品情報や最新情報をお届けするfacebookやinstagramをフォローして、より充実しためがねライフを☆
リュネット・ジュラ総合のfacebookはこちらから
青山グラン店のinstagramはこちらから
表参道ヒルズ店のinstagramはこちらから
六本木店のinstagramはこちらから